2021/9/27 09:20

夫のせいで崖っぷちか、周囲は離婚をすすめるも「音信不通」に

泣く

2011年3月に4歳年下の実業家と結婚した女優の南野陽子。
夫のA氏は16年に、東京・赤坂にある医療法人の事務局長に就任。甘言を弄して通帳と印鑑を預かり、無断で口座から2億円あまりを引き出していた。そのうちの9000万円が使途不明金だったため、その医療法人から提訴され、おまけに従業員に対する暴行事件で書類送検されてしまった。揚げ句の果てには、南野の実父が入所している有料老人ホームの費用まで使い込んでしまったという。南野はショックを受け、所属事務所や周囲は離婚をすすめているという。
しかし、発売中の『週刊文春』によると、A氏は自身が医療法人の代表を務める都内の病院で、同病院の元院長であるB氏と、医師の給料1年分の未払いや、病院の駐車場代の滞納などを巡って揉めているという。裁判を通じて支払いが確定したものの、A氏との連絡が取れなくなったB氏は、困り果てて南野に連絡。その後、南野からも音信不通になったと、週刊実話webが報じた。

南野陽子またまたまたまた“夫のせい”で崖っぷち…事務所と契約解除もあり得る!?南野陽子またまたまたまた“夫のせい”で崖っぷち…事務所と契約解除もあり得る!?

編集者:いまトピ編集部