2021/9/26 11:04

深田恭子『クソドラマ』降板して正解!中川大志はどっちにしろ大爆死

深田恭子

9月23日、比嘉愛未主演のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)第11話・最終回が放送された。酷すぎた同作をめぐって、体調不良で降板した深田恭子を「正しかった」などと評価する声があがっている。
最終回をめぐり、ネット上では
《これは誰がやっても爆死。深キョン持ってるなw》
《深田恭子は脚本読んで具合が悪くなったんじゃないのかな?》
《深キョンは降板して正解だったな》といった声があがっている。
「『推しの王子様』はもともとウワサでは、主人公が深田だったことにくわえて、お相手は中川大志だったと言われています。しかし中川はこの仕事を蹴って、同時期クールのドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)に出演したとか。ただ、『ボク恋』は『推しの王子様』以上のクソドラマであったため、中川はどちらを選んでいても経歴に傷がついたことでしょう」と芸能記者は話したとまいじつは報じた。

深田恭子が降板『推しの王子様』大爆死! クソドラマ認定で「逃げて正解」 - まいじつ深田恭子が降板『推しの王子様』大爆死! クソドラマ認定で「逃げて正解」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(深田恭子|女性|1982/11/02生まれ|O型|東京都出身)