2021/9/25 13:43

現在、芸能界を干されている状態...22日『水ダウ』出演も「またとない挽回のチャンス」を無駄にしてしまった

NG

9月22日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、お笑いコンビ・TKOの木下隆行(49)が出演したものの、ネット上でヒンシュクを集めている。
この日木下が挑戦したのは、「マツケンサンバを踊りながら泣くことなど出来ない説」。俳優・松平健(67)のヒット曲『マツケンサンバⅡ』に合わせ、Bメロからサビにかけての57秒間で涙を流せるか、というもの。挑戦前のインタビューで木下は気合十分。さらにスタッフから「最近いつ泣かれましたか?」と聞かれると「ここ1年は結構泣いてると思います」などと、後輩芸人へのパワハラを発端とする松竹芸能退所騒動などを匂わせた。こうしたエピソードで期待を高めたにもかかわらず、実際は最後まで泣けなかった木下。
この結果に視聴者からは、「つまらん」「めっちゃ中途半端」「ここまで来たなら泣けよ…」といった声が集まっていた。
「木下と言えば、現在、実質芸能界を干されている状態。そんな中で注目度の高い『水ダウ』出演はなんとしても爪痕を残すべきタイミングでしたが、蓋を開けてみれば他の出演者と同じく泣けず。騒動を匂わせたり娘の話をしたりした割には、結果が全く面白くなかったことで肩透かしを食らったと感じた視聴者も多く、ネットからは『反省してないから泣けないんじゃない?』『こいつは泣ける人間じゃないわな』といった厳しい指摘も聞かれていました」と芸能ライター。またとない挽回のチャンスを無駄にしてしまった木下。起死回生のチャンスは再びやってくるのだろうかとデイリーニュースオンラインは報じた。

(0ページ目)TKO木下、久々テレビ出演も結果残せず「つまらん」「中途半端」の声 - デイリーニュースオンライン(0ページ目)TKO木下、久々テレビ出演も結果残せず「つまらん」「中途半端」の声 - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部