2021/9/23 18:03

本当にひどい…木村拓哉『マスカレード・ナイト』に酷評「キムタクによるキムタクのための映画」

長澤まさみ

9月17日から公開されている木村拓哉主演の映画『マスカレード・ナイト』。公開直後から好調な滑り出しを見せたが、劇場に足を運んだ人からは酷評も多くあがっているようだ。好調な動員や興収とは裏腹に、鑑賞者からの評価は低い模様。

ネット上には、
《前作があまりに秀逸過ぎてリピーターが多いんだと思うけど、気合い入れ過ぎて策に溺れるありがちパターン》
《1作目に比べて謎解き要素が減ったように思います。ホテルといった限られた場所で起こる事件となると、やはり限界があるのかもしれません》
《全体的にキムタクを魅せるための映画に感じてしまいました》
《ストーリーが雑すぎて、ついていけませんでした。キムタクによるキムタクのための映画でした》
《前作はまだマシだけど、今回は本当に酷い。はっきり言ってこういう映画が多いから、映画離れが進む。キムタクファンなら楽しめたのかな》
などとストーリーや木村への酷評が続出したとまいじつが報じた。

映画『マスカレード・ナイト』に酷評!「キムタクによるキムタクのための映画」 - まいじつ映画『マスカレード・ナイト』に酷評!「キムタクによるキムタクのための映画」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部