2021/9/19 15:04

木村拓哉、連ドラ計画中止も「やらなくて正解」安堵の声

木村拓哉Amazon

9月14日発売の「週刊女性」が、木村拓哉主演ドラマ「教場」(フジテレビ系)の連続ドラマ化計画について報じた。同ドラマは、連続モノとして今年の秋に放送予定だったものの、計画が頓挫したという。「警察学校を舞台にしたドラマ『教場』は、20年と21年に新春スペシャルとして放送され、いずれも高視聴率を記録しました。記事によるとフジは、SP版がヒットしたことで、今年の10月から連ドラ化を狙っていたものの、木村のスケジュールの都合で頓挫したのだとか。」(テレビ誌記者)そんな「教場」の連ドラは当初、木曜22時枠を予定していたとのこと。しかし計画が中止されたことで急遽、江口のりこが主演を務めるドラマ「SUPER RICH」の放送が決まったようだ。今回の「教場」続編計画の白紙に関して、ファンからは「早く続編が見たい!」と悲しむ声があがる一方、安堵する声も飛び交っているという。「フジの木曜枠といえば、かつては『白い巨塔』など重厚な作品を放送して話題を集めてきました。しかし、近年はヒット作に恵まれず、視聴率1ケタが当たり前という状況になっています。それだけに、いくら木村といえども数字が下がってしまう可能性があるため、ファンからは『木10枠ならやらなくて正解かも』『キムタクと言ったら月9でしょ! なんで木10?』などと、計画頓挫に対し安堵する声もあがっています。」(前出・テレビ誌記者)果たして、いつかその企画が陽の目を見る日はやってくるのだろうかとアサジョは報じた。

やらなくて正解?木村拓哉、「教場」連ドラ計画中止もファンが安堵したワケ – アサジョやらなくて正解?木村拓哉、「教場」連ドラ計画中止もファンが安堵したワケ – アサジョ

編集者:いまトピ編集部