2021/9/19 07:33

『彼女はキレイだった』最終回、一切登場せず...ゾッとする「不穏だよ」「意味深」

小芝風花

9月14日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』の第10話・最終回が放送された。しかしドラマの最終シーンにも関わらず、主人公の愛が一切登場しなかったからだ。宗介と娘の2人だけ、さらに意味深な上空の虹… というカットに、

「ママの描いた本、お空に虹、そして父娘、不穏だよね」
「愛ちゃん亡くなったオチ?」
「最後なんで愛いないのよ。なんか虹うつして死んだみたいじゃんw」
「その前のシーンで愛が使ってた傘を5年後宗介が使ってた。愛死んだのか…」
「最後に愛が出てこなかったのは愛が死んだからなのか。虹まで出てたし。だから「彼女はキレイだった」過去形なのか。ゾッとするわ」

と、愛が死んだ説まで浮上していた、とまいじつが報じた。

『彼女はキレイだった』小芝風花は死んだ!? “意味深ラスト”に「ゾッとする」 - まいじつ『彼女はキレイだった』小芝風花は死んだ!? “意味深ラスト”に「ゾッとする」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(小芝風花|女性|1997/04/16生まれ|A型|大阪府出身)