2021/9/18 18:23

許されない…『紅白歌合戦』復帰か

モーニング

NHKの和久田麻由子アナが、同局エースとして独走態勢に入ったといわれている。和久田アナは、7月23日の五輪開会式中継をミスなく抜群の安定感でこなしきり、9月5日のパラリンピック閉会式でも、阿部渉アナや『嵐』の櫻井翔と3人で中継を進め、こちらも言い間違いのない完璧なアナウンスで終え、一大イベントの幕開けと最後をきっちり締めた。1年先輩のライバル・桑子真帆アナは、五輪閉会式中継でアーティスティックスイミングの選手団を「新体操」と言い間違え、2018年の平昌冬季五輪、同年の紅白に続く大ミスを犯してしまった。五輪・パラリンピックが終わったことで、次にアナウンサーを待ち受けるNHKの大型イベントは、大みそかの「紅白歌合戦」になる。

スポーツ紙デスクは「桑子アナは、9月1日に俳優の小澤征悦と結婚してしまい、幸せな家庭を作ることで頭がいっぱいで、熾烈なエース争いからは離脱するとの見方もある。五輪やコロナ禍が続いた年ということで、紅白では致命的ミスは許されない。それだけに、和久田アナが2回目の総合司会を務める公算が高まっているとみられます」と話していると週刊実話Webが報じた。

NHK・和久田麻由子アナ“谷間出し”!? 『紅白』復帰で“美バスト”強調路線へNHK・和久田麻由子アナ“谷間出し”!? 『紅白』復帰で“美バスト”強調路線へ

編集者:いまトピ編集部