2021/9/17 13:46

残念ながら…『ひるおび』八代英輝、どういう気持ちで話してるのか「番組降板を」批判殺到

八代英輝

「共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してません」と、差別とも受け取れるような発言を繰り出したのは、9月10日放送の『ひるおび!』(TBS系)に、コメンテーターとして出演した弁護士・八代英輝氏。
その後、TBSや八代氏はしっかりと謝罪したが、残念ながら事態は悪化の一途をたどっているという。
16日放送の同番組では、侮辱罪の厳罰化について報道。政府は女子プロレスラーの木村花さんがSNSで誹謗中傷を受けた直後に逝去した件を受けて、ネット上の誹謗中傷を厳罰化することにしたという。
ニュースの概要が説明されると八代氏は、「公訴時効が3年になったというところ、相談を受ける側としては今まで時効の壁に阻まれているケースが多かったので、それは非常に助かります」とコメント。
弁護士として模範的な回答をしたように思えるが、ネット上では、
《誹謗中傷していたのはどっちだよ。変な番組》
《八代弁護士が侮辱罪、誹謗中傷厳罰化について話してるけどどういう気持ちで話してるのかね》
《誹謗中傷の厳罰化は当然必要ですが「八代英輝は番組降板を」は当然の指摘ですから!》
《燃え盛っている番組が誹謗中傷に対する侮辱罪を厳罰化へというネタやってるのって面白ギャグですか?》
などと批判が殺到しているという。「まいじつ」が報じている。

『ひるおび』八代弁護士が侮辱罪にコメント…「変な番組」「ギャグですか?」 - まいじつ『ひるおび』八代弁護士が侮辱罪にコメント…「変な番組」「ギャグですか?」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部