2021/9/17 08:53

『バイキングMORE』伊藤アナが全否定…暴論垂れ流し「モザイクをちょっとずらせないかな」弁護士も苦笑いで、私刑か

怒り

14日放送のフジテレビ『バイキングMORE』では「心霊スポット」とネットで拡散され、迷惑行為が横行する神社を自費で管理するユーチューバーについて特集。MCの坂上忍とブラックマヨネーズ吉田敬が、加害者のモザイク処理について暴論を繰り広げた。群馬県にある武尊神社はユーチューバーの投稿がきっかけで「心霊スポット」として有名になり、落書きや、窓ガラスが割られるなど迷惑行為が横行するようになってしまった。番組では「みんな仲間だ不法侵入だ!」などと言いながらバリケードを破壊する防犯カメラの映像が流れたのだが、吉田は「僕前も何回も言ったことありますけど、モザイクかけるじゃないですか」と加害者にモザイク処理が施されていることについて、「これ何守ってるかって言ったら、この子らの未来守ってるんですけど、実害受けてる人の方が大事だと思うんですけどね」と疑問視した。「それなんだよ」と同意する坂上は「俺もしょっちゅう言ってるけど、テレビ局の自主規制なの?」とフジテレビ伊藤利尋アナウンサーに質問。伊藤アナは「まだ罪に問われてないとか、さまざまな配慮をということですね、現時点では」とテレビ局側の意見を話した。しかし納得いかない坂上は「だってひとつの目安として、逮捕されたら顔出しするじゃん。これは明らかに不法侵入は間違いない訳でしょ?」と今度は清原博弁護士に話を振った。清原弁護士はもちろん「もしかしたら未成年かもしれないとか、いろんな事情があるもんですから。いったん顔出ししますと、それこそ取り返しの使いものですから」と配慮されるべきだと返したのだが、坂上は、法的な答えではなく心情的な意見が聞きたかったようで「それは法律家としてでしょ?そういうことじゃないでしょ?」と問いただした。再三の説明にもやはり加害者を許せない2人は「1秒だけでもダメですか?」「モザイクをちょっとずらせないかな」「0.5秒」だけと提案。伊藤アナと清原弁護士にすぐに否定されていた。顔出し放送されれば「私刑」にさらされる可能性もあるのだが、2人はつまりそれを望んでいるのだろうかと日刊サイゾーは報じました。

坂上忍とブラマヨ吉田、「心霊スポット」不法侵入者に、感情にまかせたコメントを垂れ流し…弁護士が必死に解説する一幕|日刊サイゾー 坂上忍とブラマヨ吉田、「心霊スポット」不法侵入者に、感情にまかせたコメントを垂れ流し…弁護士が必死に解説する一幕|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部