2021/9/16 19:08

許されない…きょう『羽鳥慎一モーニングショー』警告

羽鳥慎一

9月15日の新型コロナウイルス新規感染者数は全国で6806人、東京は1052人と減少傾向が続いているが、15日の厚生労働委員会で政府分科会の尾身茂会長は「ワクチン接種があったからといって行動制限を急に緩めると必ずリバウンドが来る。緊急事態宣言を解除し感染が落ち着いた時に徐々にやっていくのがこれから通る道」と話し、「新型コロナウイルスとの闘いは2~3年続く」と警鐘を鳴らした。また田村憲久厚生労働相は「今後、冬に向かって換気しづらい環境になり、忘年会などの機会も増える。そのため第6波が来る可能性もある。しっかり体制整備しないといけない」と訴えた。

16日の「モーニングショー」で、ゲスト解説の長崎大学大学院・森内浩幸教授は「冬は温度、湿度ともにコロナウイルスに有利な条件になる。第6波が来ないと考えることのほうが不思議」と、尾身会長らの意見に同意した。

東大の研究チームの試算も第6波を警告している。研究にあたった東京大学の仲田泰祐准教授は「ワクチン接種率が100%ではなく、感染予防効果も100%ではないため、数百万人が免疫を獲得せずにいるため新規感染者が増える。また経済活動が戻ることによる人流増加の影響もある。大きな波が来たときに一時的に医療体制を拡大できる柔軟性を確保しておくことが必要」と話しているとJ-CAST テレビウォッチが報じた。

次の第6波、「想定外」は許されない 「モーニングショー」で指摘された懸念: J-CAST テレビウォッチ次の第6波、「想定外」は許されない 「モーニングショー」で指摘された懸念: J-CAST テレビウォッチ

編集者:いまトピ編集部