2021/9/15 18:31

Gackt活動休止、体調問題にすり替え…『疑惑』闇の深さ「こっちの問題の方がはるかにマズイ」

Gackt

体調不良のため無期限で芸能活動を休止すると発表したGacktの周辺が騒がしい。ネットメディアライターは「幼少のころから患っていた〝神経系の疾患〟が悪化し、24時間も意識不明となり、一時は命に関わる状態だったというのですが……海外から帰国後に発症、3週間ほど症状が続き、10キロも体重が減少。後遺症として発声できない状態が続いているとする症状だけ聞けば、誰もが新型コロナの感染を疑いますよね」と話している。

『フラッシュ』は、〝Gacktコイン〟と呼ばれた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」で巨額の損失を出した「被害者」の恨み節を掲載。この仮想通貨には、総裁選への出馬を模索している野田聖子幹事長代行の夫で元暴力団組員とされる人物も関わっており、闇の深さも指摘されている。

芸能記者は「上場前に200億円以上を集めたが、いざ上場(2018年5月)すると、いきなり大暴落。1スピンドル200円だった価値が現在は0.006円で投資家に多額の損害を与えているにもかかわらず、Gacktは上場前に売り抜けて、広告塔のギャラも含めて17億もの利益を得たと報じられています」といい、「Gacktにとっては、こっちの問題の方がはるかにマズイ。今回の活動休止も、あえて新型コロナ感染を疑わせるような情報を流して、話題を体調問題にすり替え、スピンドルの疑惑をかわす作戦なんじゃないか、との疑惑まで出ている始末です」と話したと週刊実話Webが報じた。

Gackt活動休止は体調問題じゃない!? 総裁選ともリンクする“疑惑”とは…Gackt活動休止は体調問題じゃない!? 総裁選ともリンクする“疑惑”とは…

編集者:いまトピ編集部