2021/9/13 13:44

カズレーザーも批判…『有吉ゼミ』いい加減やめたほうがいい「見ていて不快で全然面白くない」

女性

9月6日の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では、同番組の人気恒例企画“チャレンジグルメ”を放送。
番組前半では、大食いタレントのギャル曽根を中心としたメンバーによる“デカ盛りチャレンジ”が放送され、鹿児島料理店で3.6kg超の重量を誇る丼料理と、イタリア料理店で3.4kg超のクリームパスタに挑戦し、どちらもギャル曽根だけが完食に成功した。
また、番組後半では“激辛チャレンジ”企画が放送され、お笑い芸人のおいでやす小田を進行役として、女優の田畑智子、アイドルグループ・日向坂46の齊藤京子、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が登場。東京・池袋にある居酒屋を訪れ、『辛さマグマ級! あんかけ親子丼』というメニューの完食に挑んだという。
だが、ネット上では「激辛チャレンジってみんな苦しそうだから、見てるこっちもツラくなる」「無理やり食べさせるのは、いい加減やめたほうがいい」など、批判的な意見が見られたとのこと。
芸能ライターは
「こうした激辛や大食い企画は芸能人からもウケが悪いようで、4月27日放送のラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に出演したお笑い芸人のメイプル超合金・カズレーザー、ぺこぱ・松陰寺太勇がそろって批判。こうした企画を『フードハラスメント』と言う松陰寺に、カズレーザーも『あんな虐待ないですよね』と同調し、ネット上にも『見ていて不快で全然面白くない』『誰も得しない企画じゃん』といった声が寄せられました」
と話しており、『有吉ゼミ』も見直しが必要なのかもしれないと「サイゾーウーマン」が報じている。

日テレ『有吉ゼミ』、激辛企画に“また”批判……「苦しそう」「いい加減やめて」! 日向坂46、声優ファンから心配の声も(2021/09/13 12:00)|サイゾーウーマン日テレ『有吉ゼミ』、激辛企画に“また”批判……「苦しそう」「いい加減やめて」! 日向坂46、声優ファンから心配の声も(2021/09/13 12:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部