2021/9/13 08:12

滝沢秀明と熱愛し、干された「芸能界引退危機」イメージが一気に急降下!12年ぶりに...

鈴木亜美

歌手でタレントの鈴木亜美の楽曲「Drip」が、台湾で今月公開予定の短編映画『初めての珈琲~第一杯咖啡~』の主題歌に決定した。若者から人気を集め一躍トップアイドルとなり、ミリオンセラーを連発した鈴木だったが、1999年7月、所属事務所社長の脱税事件が発端となり、契約問題などのトラブルから2001年4月以降は出演契約の締結・更新など芸能活動が不可能に。実質引退状態に追い込まれることとなった。
芸能活動の休止を余儀なくされた鈴木だが、同年7月にジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明氏(当時はタレント)との熱愛が『FOCUS』(現在は休刊)に報じられ、世間を大いに騒がせた。このとき、すでに2人は交際1年半を迎えていたという。「このスクープ以前、まったく業界内でも2人の交際の噂はなかったといいます。鈴木は2001年3月発売の『日刊スポーツ』に芸能界引退危機が報じられ、世間からは“干された”といわれていたほど。よりによって、スーパーアイドルの恋人が鈴木であることを多くのファンは嫌がったとか」と芸能ライターは話した。時期は不明だが2人はこのスクープによって終わりを迎えたと伝えられている。
「故・メリー喜多川氏が2人の交際を知り、激高したといいます。ジャニーズにとって、当時の滝沢氏はタレント・木村拓哉に継ぐ二大巨頭。トラブル真っただ中の鈴木との交際は絶対に許されず、すぐさま関係を断ち切られたそうです。“お家騒動”に拍車をかけた滝沢氏との熱愛でイメージが一気に急降下した鈴木は引退危機に陥ったとのこと」などと芸能関係者は話したとリアルライブは報じた。

“干された”鈴木亜美の家族とタッキーが温泉旅行も、破局理由は“イメージダウン”?【芸能界、別れた二人の真相】 | リアルライブ“干された”鈴木亜美の家族とタッキーが温泉旅行も、破局理由は“イメージダウン”?【芸能界、別れた二人の真相】 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部