2021/9/11 15:16

カメラを睨みつけ…『夜会』櫻井翔を目の前に…「辞めりゃいいじゃん」「解散してしまえば」「ひどい」地獄発言

KAT-TUNAmazon

人気ジャニーズグループのKAT-TUN。今年でデビュー15周年を迎えたが、その道のりは決して平たんではなかった。3人が抜け、現在は亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人で活動しているが、デビュー当時のメンバーの顔ぶれをみてもわかるように、他のアイドル色が強いジャニーズグループとは明らかに違い、ちょっと危険な香りも漂う“ワイルドさ”が感じられるグループだった。そんな異質さが受けたのか、デビュー直後の人気の上がりぶりは凄く、事務所としても大きな期待をかけていた。しかし、人気の要因でもあったメンバー各人の個性の強さが裏目に出たのか、脱退者が相次ぎ、16年には田口の退所を機に1年8カ月のグループ活動休止に入り解散危機も囁かれるなど、苦難を味わうことに。そんな中、上田の言動が物議を醸しているという。
昨年9月、音楽番組『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)で総勢10組のジャニーズグループがメンバーをシャッフルして組み、ジャニーズソングをメドレーでつなぐという企画が放送されたのだが、二宮和也(嵐)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、中間淳太(ジャニーズWEST)と共にNEWSの曲『チャンカパーナ』を歌唱するために登場した上田は、なぜかひとりだけ踊らずに棒立ち状態で口を動かし、さらに明らかにカメラを睨みつけ、時折つまらなそうな様子でプイッと横を向いたり、ズボンのポケットに手をツッコむような仕草まで見せた。これを受けインターネット上では、上田がNEWSの曲を歌わされることを嫌がっていたのではないかという声も出るなど、さまざまな憶測を呼んだ。
そんな上田の発言が、再びファンをざわつかせている。KAT-TUNの3人は今月2日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。事務所の先輩である嵐の櫻井翔を目の前に、中丸が「嵐のみなさん、めちゃくちゃいい人っすね」「KAT-TUNにはない温かさがある」と言うと、上田は「そうそう」「地獄の住人だった者が、天国にいる人の温かさにすげえ感動する」と発言。まるでKAT-TUNを“地獄”と表現した上田に、Twitter上では次のような声が続出している。
<え、KAT-TUN=地獄 嵐=天国 なの?!>
<上田と中丸はさ天国の嵐が良ければ地獄のKAT-TUN辞めりゃいいじゃん 2人とももう嵐に片足突っ込んでるんだからジュリーに嘆願して入れて貰えば?>
<夜会見てて上田くんさすがに言いすぎちゃうん?とは思った>
<いや、もう解散してしまえば?と思っちゃう。レギュラーやってるし、ソロでもいいんじゃない?>
<上田くんのたとえ、ちょっと、ひどくない?>
などの声があがったと、ビジネスジャーナルが報じた。

「KAT-TUN辞めりゃいいじゃん」…上田竜也、また物議醸す言動でファンからも批判続出?「KAT-TUN辞めりゃいいじゃん」…上田竜也、また物議醸す言動でファンからも批判続出?

編集者:いまトピ編集部