2021/9/9 18:48

月9『ナイト・ドクター』最終回でも…終わる可能性

波瑠

9月6日、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第10話が放送された。次回で最終回を迎えるものの、伏線が回収されきれずに終わる可能性が出てきている。

同作の主人公・朝倉美月(波瑠)は、働き方改革を目指す「あさひ海浜病院」に設立された、夜間勤務専門の救命医チーム〝ナイト・ドクター〟を志願した責任感ある医者。研修医あがりの医者・深澤新(岸優太)や桜庭瞬(北村匠海)、かつての同僚・成瀬暁人(田中圭)、頭の回転が早く医師としても優秀な高岡幸保(岡崎紗絵)とともに奮闘していく〝青春群像医療ドラマ〟だ。

芸能記者は「最終回の第11話では、美月、深澤、幸保、桜庭、成瀬の5人が、本郷の手を借りないで、それぞれ目の前の重症者に向き合っていくようです。最後は5人の成長が見られるラストになるでしょうね。しかしこのドラマには、桜庭の父親は一体誰なのか、美月の母親が桜庭の臓器提供者であったこと、運び込まれてきた謎のホームレス患者(神尾佑)のその後など、回収されていない伏線が多い。とても最終回で全てを回収するとは思えないので、未回収のまま終わりを迎えそうですね」と話しているとまいじつが報じた。

『ナイト・ドクター』伏線は“続編”に持ち越し? 最終回でも未回収の可能性… - まいじつ『ナイト・ドクター』伏線は“続編”に持ち越し? 最終回でも未回収の可能性… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部