2021/8/6 09:58

第4話放送も、うざい、見てられん。「小学生レベル」「ストレス」「不快以外の何物でもない」

怒る

8月3日、二階堂ふみ主演のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の第4話が放送された。
第4話では、壱成の兄・成吾(岩田剛典)が早梅の初恋の相手だと判明。早梅は10年ぶりの再会に動揺する。さらに成吾が早梅に優しく接すれば接するほど仲居たちの嫌がらせも増し、挨拶を無視されたり、旅館から早梅の靴がなくなる事件なども起こった。
そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺(かたせ梨乃)から宴会の予約が入る。急遽、電話番を任された早梅は西園寺の予約についてメモ書きをして電話の付近に置き、他の仲居に引き継ぐのだった。しかし後日、メモ書きが紛失していたようで、宴会の準備が遅れてしまう。確かにメモ書きを置いたと主張する早梅だが、他の仲居から「あなたのミス」と責められてしまった。
何者かの手によって、早梅が汚名を着せられたと思うこの行為。視聴率からは
《旅館の仲居たちのいじめがうざい。見てられへん。小学生レベル》
《プロミスシンデレラ見たいんだけど、主人公へのネチネチしたイジメがうざすぎて見てらんない。なんかストレス》
《こんなんいじめじゃんなんなの不快以外の何物でもない》
などの声が上がっているとまいじつが報じた。

『プロミス・シンデレラ』陰湿な“女性社会のいじめ”にドン引き「小学生レベル」 - まいじつ『プロミス・シンデレラ』陰湿な“女性社会のいじめ”にドン引き「小学生レベル」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部