2021/8/4 16:36

『ミヤネ屋』出演見送りへ「無しになりました。おめでとうございます!」落胆の声

疲労

「爆発的な感染は絶対に防ぎ、国民の命と健康を守り抜きます」昨年の総理就任時の所信表明演説で、こう話していた菅義偉総理。「安心・安全な」と強調して五輪開催に踏み切ったが、東京では1日4000人を超える新規感染者が確認され、もはや「爆発的な感染」は現実のものになろうとしている。そんな中で医療従事者の立場から、辛辣なコメントを発して注目を集めているのが、インターパーク倉持呼吸器内科院長の倉持仁氏だ。
「Nスタ」をはじめ、「ひるおび」(TBS系)、「ミヤネ屋」(日本テレビ系)といった番組でも“名物院長”として人気を博していた倉持氏。8月4日にも「ミヤネ屋」「Nスタ」への出演をツイッター上で告知していたのだが…。「この日に行われた東京五輪スケートボード女子パークで、日本人選手が金と銀を獲得した影響で、『ミヤネ屋』への出演は見送りになったようです。倉持氏が自身のツイッターで『スケートボードで金銀が取れたので、ミヤネ屋さんは無しになりました。おめでとうございます!』とお祝いの言葉を添えて、出演しないことを報告。これにはフォロワーから『コロナや国民の命よりもメダルか…』などなど、落胆の声であふれ、なかには『もしや官邸の圧力?』という声も聞かれました」とネットライターは話したとアサ芸ビズは報じた。

コロナよりもメダル優先!?「ミヤネ屋」名物院長の出演見送りに落胆の声  |  Asagei Biz-アサ芸ビズコロナよりもメダル優先!?「ミヤネ屋」名物院長の出演見送りに落胆の声 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部