2021/8/4 07:04

出演女優2人、降板も...いきなりの「退所」へ!土下座を強要、人道的に人格や尊厳を否定する罵声が原因か

鈴木砂羽

女優の鈴木砂羽が7月31日、自身のインスタグラムにおいて、同日付で所属していた大手芸能事務所・ホリプロを退所したことを報告した。「ホリプロといえば、大御所の和田アキ子、ベテランの榊原郁恵、片平なぎさ、井森美幸ら、古参のタレントたちがなかなか辞めないことで知られる優良事務所。どのタレントの芸能人でいるうちは“永久就職”する覚悟を固めている。ところが今回、鈴木はあっさり退所を決断してしまった」とテレビ局関係者。
数年前からいろいろ考えていたというが、どうやら、“あの騒動”も少なからず退所の原因となっているようだ。「17年の9月、鈴木が演出もつとめた主演舞台で出演女優2人の降板騒動が起こった。理由は、鈴木に土下座を強要され、人道的に人格や尊厳を否定する罵声を浴びせられた、ということだったが、鈴木は会見で否定。その際、舞台のプロデューサーはなんとか鈴木を守ろうと奔走したが、所属しているホリプロがそこまでしてくれなかったことに違和感を覚えてしまったようだ」と同記者は話したと日刊サイゾーは報じた。

鈴木砂羽がホリプロに〝永久就職〟しなかったのは“あの騒動”の因縁か|日刊サイゾー 鈴木砂羽がホリプロに〝永久就職〟しなかったのは“あの騒動”の因縁か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部