2021/8/3 19:54

そりゃ訴えるわな『ディズニー』に大激怒「総スカン食らうぞ」「ほんと卑怯極まりない」「嫌気が差す」

怒り

映画『ブラック・ウィドウ』で主演を務めるアメリカ人俳優のスカーレット・ヨハンソンが、同作の公開方法を巡り、配給元のウォルト・ディズニーを契約違反で提訴したと話題になっている。各社の報道によると、当初、同作は昨年5月公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。1年以上が経過した7月9日、劇場と自社配信サイト『Disney+』で同時公開された。しかしヨハンソン側は、作品の公開は劇場限定とする契約を結んでいたため、同時配信されたことは違反に当たると主張。また、契約は興行収入に比例して報酬を受け取る形だったため、配信によって巨額の損失を被ったともしている。この報道に対し、日本のネット上には
《報酬が興行収入に応じてるのね。そりゃ訴えるわな》
《最近のディズニーのがめつさというか、散々世話になってきた映画館業界への不義理には嫌気が差すのよね》
《ディズニーはな… そういう会社やわ… ほんと卑怯極まりない》
《契約違反はダメ。 映画が面白いかどうかは別として》
《俳優をないがしろにして金儲けばかり走ると映画業界から総スカン食らうぞ。役者あっての作品だろ》
といった声が。利益優先で契約を反故にするディズニー側への批判が目立っていると、まいじつが報じた。

ディズニーの“やらかし”に映画ファン大激怒「卑怯極まりない」「がめつい」 - まいじつディズニーの“やらかし”に映画ファン大激怒「卑怯極まりない」「がめつい」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部