2021/8/3 13:24

「ファンだけど失望」「ゴミ連中にしか見えない」あの大人気ユニットが感染者急増の沖縄でノーマスクライブ「こんな人たちだと思わなかった」「嫌いになった」

ブーイング

元レペゼン地球で、現在はRepezen Foxxとして活動しているDJユニットが7月31日、新型コロナウイルス感染者が急増している沖縄のナイトクラブでライブイベントを行なった。
沖縄県には緊急事態宣言が出ており、同月24~30日の感染者最多は20代。デルタ株の感染も急増しており、同日には感染者が過去最多の439人となっていた。
そんな中、開かれたイベントだったが、同日にクラブの公式インスタグラムやメンバーのインスタグラムのストーリーにアップされていたのは、ノーマスク、もしくは顎までマスクをずらした観客が密着し、ステージに向かって盛り上がっている様子。コロナ前の映像と疑ってしまう様子となっており、Repezen Foxxのメンバーもマスクの着用はまちまちになっていたという。
この様子にネットからは「ファンだけど失望した」「レペゼン好きやったけど、医療従事者から見るとゴミ連中にしか見えない」「こんな人たちだと思わなかった、嫌いになった」とファンからの失望の声が相次いで聞かれていたといい、芸能ライターは
「実はRepezen Foxx、このイベント以外にも大阪や名古屋などでクラブイベントを行い、今回の沖縄と同じように観客はノーマスク、密になっているという動画がたびたびネット上にアップされていました。しかし、今回は感染の勢いが止まらない沖縄でのイベントのため、より批判を集めてしまったようです」(芸能ライター)
と話していると「リアルライブ」が報じている。

感染者急増の沖縄で密状態のノーマスクライブ 元レペゼン地球に「嫌いになった」批判相次ぐ | リアルライブ感染者急増の沖縄で密状態のノーマスクライブ 元レペゼン地球に「嫌いになった」批判相次ぐ | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部