2021/8/2 13:22

やっていいことと悪いことがある「部屋に女の子を連れ込んで監禁している」配信中に警察官…エグすぎる

警察

物申す系ユーチューバーの「みずにゃん」が、壮絶な嫌がらせについて明かした。
7月26日夜に「ツイキャス」で行われていた配信中、自宅インターフォンが鳴ってみずにゃんが出ると、警察官が。「部屋に女の子を連れ込んで監禁している」という虚偽通報があり、警察官が人がいないかどうか確認することに。
さらにその数十分後にはピザのなりすまし注文、十分後には別のピザチェーンからのピザ、数分後には派遣型風俗が次々にみずにゃんの自宅に来るという異様な事態になったが、最後の派遣型風俗店から、なりすまし注文時の音声データをもらったといい、警察と弁護士に相談をしていると明かされた。
その後も28日の「ツイキャス」配信中に虚偽通報され、消防と警察が自宅に来るという事態に。さらに自宅にユーチューバーが来て騒ぎを起こすなど騒動は止まらず、みずにゃんは一時的にホテルに避難。しかし、帰宅後の8月1日にも配信中に虚偽通報で救急隊が来ることとなったという
みずにゃんは7月31日にユーチューブ上に「【ご報告】一連の事件についてと今後の対応【虚偽通報、なりすまし注文、誹謗中傷等】」という動画をアップ。一連の嫌がらせについて、弁護士とともに証拠を集めつつ、被害届の受理をめざしているとのこと。また、犯人へは民事での損害賠償請求を考えていると明かした。
この嫌がらせの多さに、ネット上からは「エグすぎる…」「やっていいことと悪いことがある」「いくら憎くても偽計業務妨害はさすがにダメでしょ」などの声が殺到していたと「リアルライブ」が報じている。

ユーチューバーへの嫌がらせが過激化 虚偽の通報、警察や救急隊出動の事態に損害賠償請求も検討 | リアルライブユーチューバーへの嫌がらせが過激化 虚偽の通報、警察や救急隊出動の事態に損害賠償請求も検討 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部