2021/8/1 18:15

結局離婚、「内心許せなかった」不倫の決定的な証拠を…

篠原涼子

離婚を発表した市村正親と篠原涼子。女性週刊誌では、篠原に対するバッシングムードがにわかに作られようとしている。『週刊女性』2021年8月10日号(主婦と生活社)では、篠原が深夜に友人などと出かけることが多かったとして、育児は市村の「ワンオペ」状態だったと報じている。記事によると、子供を置いて夜遅くまで出かけている篠原を市村は「内心許せなかった」としている。

ベテラン芸能記者は「女性週刊誌は、篠原が不倫をしていた決定的な証拠を必死になって探しているでしょう。もしも本当に証拠が出てきたら、篠原は窮地に追いやられることとなると思います」と話していると日刊サイゾーが報じた。

篠原涼子、市村正親と離婚で女性週刊誌はにわかにバッシングムード テレビ局は困惑|日刊サイゾー 篠原涼子、市村正親と離婚で女性週刊誌はにわかにバッシングムード テレビ局は困惑|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部