2021/8/1 15:15

放送事故「あまりにも失礼すぎる」批判殺到!「フジテレビ、どうやったらこんな間違いが出来るの」

事件

30日に放送された「東京2020オリンピック」(フジテレビ系)。フェンシング男子によるエペ団体の決勝戦が行われ、日本からは2019年に開催されたワールドカップアルゼンチン大会の優勝チームメンバーだった宇山賢選手、山田優選手、加納虹輝選手、見延和靖選手の4人が出場。見事優勝が決定となり、幕張メッセから中継されていた映像がフジテレビスタジオに戻ったが、スタジオで座っていた関ジャニ∞の村上信五さん、柔道家の野村忠宏さん、元女子プロゴルファーの宮里藍さんらの上部にCGで大きく日本選手たちの画像が映し出された。

よく見ると選手のうちの1人の腕に大きく「KOREA」の文字が。実は日本選手4人を映し出すはずが、見延選手、山田選手、宇山選手と韓国の朴選手が映っていた。コマーシャルを挟んだ後、アナウンサーから「先程、スタジオで皆様にお見せした写真の一部に誤りがありました。大変失礼いたしました。」といった内容の謝罪があったが、加納選手に対してあまりに失礼なミスだった。

視聴者の間で、
《流石フジテレビ。金メダル取ったフェンシング団体の4人の集合写真のうち、一人を韓国選手にすり替えるとは。ユニフォームにKOREAって書いてあるのに「間違えました」ってそんなわけ無いだろ。》
《どうやって間違えるんだよ。わざとでしたって言え》
《ありえない!あまりにも失礼すぎる!》
《フジテレビ、どうやったらこんな間違いが出来るの?故意と疑われても仕方ないですよ。》
など、大量の批判コメントが寄せられたとQuick Timezが報じた。

フジテレビ、フェンシングで日本選手と韓国選手の写真を間違える放送事故「あまりにも失礼すぎる」と炎上フジテレビ、フェンシングで日本選手と韓国選手の写真を間違える放送事故「あまりにも失礼すぎる」と炎上

編集者:いまトピ編集部