2021/7/30 18:17

息子への児童虐待疑惑『報道ステーション』小川彩佳へパワハラ疑惑で人気急降下「出演数が減少」一からの出直しか

サラリーマン

6月いっぱいでNHKを退局した大越健介氏が、10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスター(月曜~木曜)に就任するという抜擢を受けた。その一方で、長年同番組を支えてきた富川悠太アナは現状の木・金曜担当から金曜のみの出演に減らされてしまうことがわかった。富川アナは金曜は徳永有美アナとのコンビでMCを担い、月曜から木曜はフィールドリポーター(現場担当)を務めるという。富川アナは、18年に当時サブキャスターを務めていた小川彩佳アナへのパワハラ疑惑が報じられると好感度に陰りが見えて人気は急降下。決定打となったのが、昨年の一連のスキャンダルだ。富川アナは同年4月に新型コロナウイルスに感染し、スタッフに番組内クラスターが発生。パートナーだった徳永アナらも濃厚接触者として自宅待機となり、一時番組は非常事態に陥ってしまった。同年5月、富川アナの妻の2人の息子への児童虐待疑惑が報じられてしまった。この件は、富川アナ自体に問題があったわけではないが、報道番組のMCとしては大きくイメージを落としてしまった。結局、富川アナは同年6月4日に復帰したが、療養前の月曜から木曜の週4出演から、木・金曜の週2出演に減らされてしまった。そして今回、大越氏が起用されることで、金曜のみの出演にさらに減少する。しかも、元の現場回りもやるとなると、まさに一からの出直しとなると、日刊サイゾーが報じた。

『報ステ』富川悠太アナ、元NHK大越健介氏MC就任で“一から出直し”へ!|日刊サイゾー 『報ステ』富川悠太アナ、元NHK大越健介氏MC就任で“一から出直し”へ!|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部