2021/7/30 11:02

画面から二度と出てくるな!『しゃべくり』炎上、お前の方がいらねえんだよ

しゃべくりAmazon

全話で二桁視聴率を記録した4月期のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)に生徒役で出演した俳優の鈴鹿央士が、7月26日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。
同作で鈴鹿は東大合格を目指す「東大専科」の生徒・藤井遼役を演じていたが、藤井について「口が悪かったのと、高校の設定が偏差値35くらいで、僕は学年トップの成績の生徒で、『バカと一緒にいたらバカがうつる』と言ってて」と、嫌味な性格であったことを説明。そのうえで、嫌われ役を演じたことでネットで炎上したことを振り返り、「僕がドラマのなかで『お前なんていらねえんだよ』っていう台詞があるんですけど、メッセージで直接『お前のほうがいらねえんだよ』『画面から二度と出てくるな!』とか、いろいろ結構キツ目な言葉をもらった」と、批判メッセージの詳細について明かしたとデイリーニュースオンラインが報じた。

鈴鹿央士「ドラゴン桜」の役どころでDM暴言告白「画面から二度と出てくるな」(1ページ目) - デイリーニュースオンライン鈴鹿央士「ドラゴン桜」の役どころでDM暴言告白「画面から二度と出てくるな」(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部