2021/7/30 08:32

濱田岳は「西田敏行の後継者」広瀬アリスも...

西田敏行

俳優・濱田岳は、主役も脇役も器用にこなし、西田敏行の後継者と言われている。それは何故か、これまでの経歴を振り返っていく。
濱田岳は9歳から子役として活動している。本格的に俳優活動をするようになったのは、2004年の『3年B組金八先生』第7シリーズ。最新の主演映画は『喜劇・愛妻物語』だが、喜劇と言えばあの人気シリーズの主演をテレビドラマで演じた。『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(2015年10月~12月)では、人気映画シリーズ『釣りバカ日誌』の主人公のサラリーマン浜崎伝助を西田敏行から引き継いだ。映画では、三國連太郎が演じていたスーさんこと鈴木建設の社長・鈴木一之助を西田敏行が演じた。この共演で、西田敏行本人が濱田岳を自らの後継者と言うようになった。西田敏行は日本を代表する名優だが、何より喜劇を得意とする。濱田岳は、この名優とのやりとりで喜劇俳優としての腕を鍛えられた。また、共演したみち子役の広瀬アリスもコメディエンヌの才能が開花。
西田敏行が濱田岳に期待しているのは、主に日本の喜劇映画の主役としてこれからを担うことだろう。濱田岳は誰と組んでも、絶妙な間合いで対応できる。これからの作品も目が離せない。

『シェフは名探偵』出演中の濱田岳は、「西田敏行の後継者」ってどういう意味? - いまトピ『シェフは名探偵』出演中の濱田岳は、「西田敏行の後継者」ってどういう意味? - いまトピ

編集者:いまトピ編集部