2021/7/28 19:22

五輪「4勝3敗」という成績でも金メダルが取れてしまう、競技種目「本気なのは日本だけ」

野球

開催中の東京五輪で、北京五輪以来、3大会ぶりの競技種目復帰となった野球・ソフトボール。特に野球はプロ野球を1カ月もの間中断して選手を送るほど、金メダル獲得に本気を見せている。しかし、これだけ熱量を持っているのは日本だけで、国際的には全く盛り上がっていないのが実情のようだ。「日本はペナントリーグを中断してまで〝世界一〟に固執していますが、他国の本気度はさっぱり。本場・アメリカでは『五輪はアマチュアの大会』という認識で、野球の最高峰という位置付けのメジャーリーグが五輪中も開催されています。そしてこのメジャー枠に入っている選手は五輪に出場しないため、アメリカ代表はスター不在のアマチュア集団。これはベネズエラ、ドミニカなど他の強豪国も同じであり、各国国民の関心は低く、アメリカのスポーツ報道では『本気なのは日本だけ』と揶揄されています」とスポーツ紙記者は話す。野球自体の競技人口・参加国が少ないため、トーナメント表やリーグ形式の対戦カードが組みづらく、他の競技に比べて圧倒的にメダルが獲得しやすいのも問題のひとつ。なんと、東京五輪は6カ国しか参加しないにもかかわらず、「4勝3敗」という成績でも金メダルが取れてしまうのだ。これでは〝世界一〟と言われてもシラてしまうのも無理はないだろう。実際、ネット上にも《エントリーした半分メダルになるのは確かに違和感があるわ》《本気でやってる日本が馬鹿みたい》など、冷ややかな声は多いとまいじつは報じた。

東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」 - まいじつ東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部