2021/7/27 09:48

『NHK紅白歌合戦』司会を任せることはできない...『あさイチ』博多大吉の影響か

博多大吉

放送11年目を迎える『あさイチ』(NHK)が低迷している。7月19日の個人視聴率は4.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、世帯でも7.2%。好敵手だった『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)は同日、個人5.6%、世帯10.5%と、差をつけられている。かつては視聴率19.3%(世帯)を記録したこともある『あさイチ』が、今なぜ低迷しているのだろうか。
番組を彩る現在の司会は博多華丸・大吉と鈴木奈穂子アナウンサーで、そのうち最も重要なポジションを占めるのが博多大吉だ。「大吉のMCスタイルは、人や状況を俯瞰で見て、そこから笑いをつくっていくタイプ。そして、相手との距離を一定に保つのが身上です。つまり“受け”のMCともいえます。そこが朝の時間帯に評価されて抜擢に至ったのかもしれませんが、今年3月までともにMCを務めた近江友里恵アナが、その前任の有働由美子ほどの人気を得られなかったのは、大吉のキャラクターの掘り下げ不足と、それに伴う掛け合いの爆発力不足も影響しているのではないでしょうか。もちろん、個人の資質やほかの事情も考慮されるべきですが……」などと関係者は話す。2015年の『NHK紅白歌合戦』では、当時の『あさイチ』MCであるV6・井ノ原快彦が白組司会、有働アナが総合司会を務めたこともあった(紅組司会者は綾瀬はるか)が、NHKも今の3人では『紅白』の司会を任せることはできないだろうとBusiness Journalは報じた。

『あさイチ』視聴率低迷の深刻な理由…朝ドラ後に視聴者が大量離脱、博多大吉のMCも影響か『あさイチ』視聴率低迷の深刻な理由…朝ドラ後に視聴者が大量離脱、博多大吉のMCも影響か

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(博多大吉|男性|1971/03/10生まれ|O型|福岡県出身)