2021/7/27 07:18

まさかの急展開...引退後のトラブル「ストーカー扱いされているのは...」驚くべき展開へ

森昌子

2019年末で引退した歌手の森昌子が引退前後、ファンとの交際をめぐって警察を巻き込むトラブルに発展していたことを、「週刊文春」(文藝春秋)7月29日号が報じた。記事によると、森は2018年秋、コンサートの出待ちをしていた45歳のファンに声をかけ、やがて自らの車や楽屋に呼ぶほどの親密な関係に。だが、引退が近づくにつれ、森の態度は徐々に距離を置いたものに変化。ついには、森の個人事務所がそのファンを森への「ストーカー」として渋谷警察署に相談するに至り、ファンは警察から森と接触しないことを約束させられたというのだ。同誌の記事によると、お相手は45歳で結婚相手と死別後、ひとりで娘を育てているという。おそらく、大半の読者はシングルファザーが森との〝恋愛関係〟に陥ったという印象を持つと思われるが、ここに来て、驚くべき展開となっている。
同誌の発後、このファンの知人と思われる人物がツイッターにこう投稿したのだ。《Aさんは若い時に夫と死別しています》《ストーカー扱いされているのは男性ではありません》《文春さん、女性と書いてくれないと》森との話を本人から聞いていることを明かし、ファンが女性であることを明かしたのだと日刊サイゾーは報じた。

森昌子の交際相手だったファンのストーカー被害報道がまさかの急展開|日刊サイゾー 森昌子の交際相手だったファンのストーカー被害報道がまさかの急展開|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部