2021/7/27 07:13

日本の恥「こんな政治家が日本国民を守るわけがない」異常行動、アメリカで猛批判

怒る

東京オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式「ショーディレクター」の小林賢太郎氏が解任された。
小林氏が解任となった理由は、1998年にリリースされたお笑いビデオ『ネタde笑辞典ライブ Vol.4』のコント内で、「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」というフレーズを使っていたこと。しかし、これはコントの主題でもなんでもなく、「言ってはいけないこと・やっちゃいけないこと」の例として出しただけ。肯定するようなメッセージ性はなく、政治的・社会的な意図もまったくなかった。
にもかかわらず、日本のSNSがこれを盛り立てると、あろうことか〝切り取り動画〟を発掘したSNSユーザーからリプライを受けた中山泰秀防衛副大臣が、ユダヤ系団体の「サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」にそのまま告発するという愚行をして大事に発展。
ネット上では
《日本の防衛副大臣が、一国民の不祥事を他国の思想団体にチクる。どれだけ異常な行動か、本人に自覚がないなら、防衛を任せるなど、これほど危険なことはない》
《怖いのは防衛副大臣が自国の政府や組織委員会をスッ飛ばして直接通報したこと。自分の信条かなんか知らんが、こんな政治家が日本国民を守るわけがない》
などの声が上がっているとまいじつが報じた。

小林賢太郎の“解任”は日本の恥! アメリカで猛批判「愚かなこと」 - まいじつ小林賢太郎の“解任”は日本の恥! アメリカで猛批判「愚かなこと」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部