2021/7/25 19:08

興収ナンバー1確実…酷評の嵐「うんざり、途中退席しようかと」「パクりすぎて気持ち悪い」ストーリー、演出、脚本すべてがダメ

パソコン

7月16日、細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開された。土日2日間で動員45万9千人を突破。公開日を含めた3日間では興収8億9000万円、動員数60万人を突破している。2015年に公開された『バケモノの子』以上のヒットスタートを記録しており、「細田監督の作品史上、興収ナンバー1確実」と言われているようだ。

ストーリーの薄さや、脚本の拙さにツッコミの声があがっており、
《え? なにを観せられたの?というのが正直な感想です》
《わざと美女と野獣を意識したのはわかるけど、あまりにもパクりすぎて気持ち悪いと思いました》
《まぁつまらないのなんのって…。ストーリー、演出、脚本などすべてがダメ。あまりのつまらなさにうんざりし、実写版「氷菓」以来、久々に途中退席しようかとさえ思いました》
《『未来のミライ』をまたやってしまった感が満載》
《子どもが観たいというので暇潰しがてら行ってきました。案の定、音楽と絵がキレイな、ただそれだけの作品でした。子どもも絵と音楽は凄かったけど全然面白くなかったと言っていました》
などの厳しい意見も飛び交っているとまいじつが報じた。

細田守『竜とそばかすの姫』に酷評の嵐!「ストーリー、演出、脚本すべてダメ」 - まいじつ細田守『竜とそばかすの姫』に酷評の嵐!「ストーリー、演出、脚本すべてダメ」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部