2021/7/24 15:27

芸能界、騒然「主演ドラマ」緊急降板へ...謝罪も、俳優「3億円の損害賠償請求」ヤバすぎるイジメ加害

NG

19日、ミュージシャンの小山田圭吾が東京オリンピックの開会式作曲担当を辞任した。小山田は、過去に雑誌のインタビューで障がい者をイジメたと語っており、国内外から厳しいバッシングの声が上がっていた。小山田の辞任を受けて、組織委員会の橋本会長は取材に応じ、「本当にもっと早くに私自身がわかっていればというふうに思っている。もっと早い対応がなかったのかと反省している」と述べている。過去のイジメ問題がネット上で発掘され、前代未聞の騒ぎとなった今回の騒動。一方韓国では、今年の2月に女子バレーボール代表の美人双子姉妹のイ・ジェヨンとイ・ダヨンが元チームメイトをイジメていた過去がネット上で告発されたことを皮切りに、多数の有名人のイジメ加害の過去が発掘されている。また、俳優のジスは、中学の同級生を名乗る人物からイジメの被害を訴えられている。複数の人物がジスのイジメを告発し、韓国芸能界を騒然とさせた。ジスはInstagramで謝罪するも、ほぼ撮影が終了していた主演ドラマは緊急降板へ。ドラマの制作会社は、所属事務所におよそ3億円の損害賠償請求を起こしたとTOCANAは報じた。

小山田圭吾が五輪辞任!睾丸キック、ナイフ、性行為の強要…韓国芸能界のイジメ加害もヤバすぎる!小山田圭吾が五輪辞任!睾丸キック、ナイフ、性行為の強要…韓国芸能界のイジメ加害もヤバすぎる!

編集者:いまトピ編集部