2021/7/23 07:53

はしゃぎすぎ『音楽の日』とっても楽しみにしてたんだけど...「直視できない」

疲労

7月17日に放送された大型特番『音楽の日』(TBS系)に、イギリスのロックバンド『Coldplay』が登場。グラミー賞を7度受賞している大物バンドの出演に歓声が沸き起こっていたが、心から楽しめなかった人も多いようだ。「Coldplay」は今年リリースされた新曲『Higher Power』を披露。最初は引きの映像から各メンバーにフォーカスするカメラワークだったのだが、サビあたりから映像が一変。ドローンや最新技術を駆使した撮影方法だったようで、足元からの煽り撮影や、会場全体を上から見下ろしてグルグルとカメラが回転する演出が多発。視点を定めようとしてもジェットコースターに乗っているような感覚に襲われ、歌に集中できない時間が続く。また、会場自体もCGのようで、奥行きがなくて妙にリアリティーのある映像が視聴者の〝酔い〟を助長させてしまっていた。《音楽の日のColdplay、とっても楽しみにしてたんだけどグルグルすぎるカメラワーク酔う…》《音楽の日に出てるColdplay、録画で見てたらカメラワークがはしゃぎすぎてて笑った。あれは直視できない》などといった感想がSNSに溢れかえっていたとまいじつは報じた。

『音楽の日』画面酔い? グラミー賞バンドのパフォーマンスに「直視できない」 - まいじつ『音楽の日』画面酔い? グラミー賞バンドのパフォーマンスに「直視できない」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部