2021/7/23 07:28

清純派女優「いじめをしていた」本当に不快『バイキング』で暴露「誰かにバラされる前に自分で言っとこうってこと?」

星野真里

女優の星野真里が、過去に「いじめをしたことがある」といった主旨の発言をし、驚きの告白にネット上で賛否が巻き起こっている、星野は21日、情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)にコメンテーターとしてリモート出演。番組では、過去のインタビュー記事で「いじめ自慢」をしていたことが原因で東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を辞任した小山田圭吾の話題が取り上げられた。星野は、小山田の辞任について「ただ、わたし自身もきれいな過去を生きてきたかといわれると、いじめたことも、なきにしもあらずで……」などと、涙ぐんだような表情で衝撃の告白をした。自身の経験も踏まえて真摯にコメントしている印象ではあったが、ネット上では「星野真里ちゃん、いじめしたことあるんだ……ショックだよ」「いじめられていた側からすると本当に不快」「誰かにバラされる前に自分で言っとこうってこと?」などといった厳しい声がSNSで多く飛び交っている。星野といえば、ドラマ『3年B組金八先生』シリーズ(TBS系)で主人公・坂本金八の娘・乙女を演じた清純派女優のイメージや、バラエティ番組でたどたどしくトークする純朴なキャラクターで知られていた。2015年に出産してからは、ママタレントとしての顔もある。それだけに「いじめをしていた過去」の暴露はギャップが大きく、反響が想像以上に広がっていると日刊サイゾーは報じた。

星野真里、異例の「いじめをした過去」の“自白”に賛否…勇気ある告白か、イメージ急落の失言か|日刊サイゾー 星野真里、異例の「いじめをした過去」の“自白”に賛否…勇気ある告白か、イメージ急落の失言か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部