2021/7/22 11:26

酷すぎてイラつく『TOKYO MER』下手すぎる、酷くて笑っちゃった...リアリティーの無さが半端ない!脚本破綻で呆れ声「無能」

鈴木亮平

7月18日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の第3話が放送された。今期ドラマの中でずば抜けた支持を集めていた同作だが、早くもほころびが出始めてしまったという。

「酷すぎて脚本家にイラついてきた」
「TOKYO MERメンバー以外全員を無能にし過ぎてるの酷くて笑っちゃった」
「MERを活躍させるために他を無能に描くのはちょっと下手すぎる」
「リアリティーの無さが半端なかった。ストーリーを盛り上げるためのご都合主義優先の脚本の典型でしたね」

といった苦言があがり始めている、とまいじつが報じた。

『TOKYO MER』脚本が破綻!? ご都合主義だらけで呆れ声「酷くて笑う」 - まいじつ『TOKYO MER』脚本が破綻!? ご都合主義だらけで呆れ声「酷くて笑う」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(鈴木亮平|男性|1983/03/29生まれ|兵庫県出身)