2021/7/20 18:08

『報道ステーション』新MC、なにそれ…「非常にうるさい」「キツイですよ」「視聴率が下がったりして」

サラリーマン

7月9日、元NHKアナの大越健介が、テレビ朝日の看板番組『報道ステーション(報ステ)』のMCとして登場すると発表された。大越について、テレビ評論家は
「言葉には非常にうるさい。〝メディア〟という言葉を、かなり早い段階で使っていて『私たちメディアは――』という表現をよく使う。その真意は『私が出ているNHKニュース』ということで、上位意識丸出し。芸能などは特別な定義がない場合、〝芸能マスコミ〟というのが正しいのですが、〝芸能メディア〟なんて無知発言をすると、『なに、それ!?』という感じで見下す。突っ込みはキツイですよ」
と語る。
さらには、テレビ朝日関係者も
「ダブルMCという可能性もありますが、いまMCを務める徳永有美が敬遠したといいます。大越氏は相方のチェックにも厳しくて、番組中に言葉の間違いを指摘されたらタマらない。そんな理由で、女性の同格MC、あるいは進行は見つかっていないのだとか。もしも男ばかりの報ステになったら、逆に視聴率が下がったりして」
と話したと、週刊実話WEBが報じた。

テレ朝『報ステ』新MCは吉か凶か?元NHK・大越健介氏に囁かれる“見下し”体質テレ朝『報ステ』新MCは吉か凶か?元NHK・大越健介氏に囁かれる“見下し”体質

編集者:いまトピ編集部