2021/7/20 16:18

『アッコにおまかせ』ヘラヘラと…尋常ではない「マジでムカついた」痛烈批判

和田アキ子

東京五輪の開会式で作曲を担当する小山田圭吾の過去の〝いじめ問題〟。
小山田は過去に、障害者の同級生に対して排泄物を食べさせたり、全裸にして自慰行為を強要する、マットレスで巻いて飛び蹴りをするなど、いじめというレベルを超えた暴行を行っていたことを音楽雑誌で告白。その際、まるで武勇伝のようにヘラヘラと語っていたことがさらに問題視されている。
7月18日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でこの話題を取り上げると、和田アキ子は「テレビでは言えないぐらい。あまりにも悲惨。陰湿を通り越して悲惨。ツイッターで謝ってすむことではないと思う」と断罪。そして、世間で物議を醸している〝過去の不祥事を掘り返していいのか?〟という問題については「掘り出す嫌さもあるけど、小中高一貫した学校で、中学でいじめた人を高校でも同じようにしたっていうから、彼は反省っていうのは考えづらい」とコメント。
芸能界では、『EXIT』や『爆笑問題』太田光などが、過去の行いを批判するべきではないというスタンスを示しているが、和田には
《爆笑太田と違い和田アキ子の意見はマトモだね。やはり雑誌のインタビュー記事全文を読めば、尋常ではないいじめの実態を理解できる》
《昭和の時代背景なのかと思ったりしたけど、こういってくれる人がいる事に安心した。太田の発言はマジでムカついた》
《和田さんはこういう事象にうるさいのはとても評価できる。新人時代イジメにあっていたからね》
といった称賛の声があがっていると「まいじつ」が報じている。

和田アキ子“小山田圭吾”を痛烈批判!「評価できる」「爆問太田と違う」 - まいじつ和田アキ子“小山田圭吾”を痛烈批判!「評価できる」「爆問太田と違う」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(和田アキ子|女性|1950/04/10生まれ|O型|大阪府出身)