2021/7/19 11:08

日本語吹き替え版に批判殺到「悲しい」「好きだった」「違和感」

映画

『アベンジャーズ』シリーズに登場する同名キャラクターを主人公に据えた映画『ブラック・ウィドウ』。7月9日より全国公開されたが、登場人物の〝吹き替え〟を巡って賛否の声があがっているようだ。
ホークアイの日本語吹き替えは、もともとお笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が担当していたが、2019年6月に発覚した闇営業騒動のせいか、担当を外されてしまったようだ。ネットでは
《ホークアイの吹替は宮迫でいいんだよ!不祥事とか関係ないんだよな。どう見ても宮迫より格上の声優だけど、上手い下手とかも関係ないから》
一方で声優の変更を〝当然〟と考える人も多く、
《ホークアイ、宮迫じゃなくなったの嬉しい》
などの声が上がっているとまいじつが報じた。

宮迫博之“声優業”は好評? 映画『ブラック・ウィドウ』に不満噴出のワケは… - まいじつ宮迫博之“声優業”は好評? 映画『ブラック・ウィドウ』に不満噴出のワケは… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部