2021/7/18 13:02

いじめ問題を…EXITに大ブーイング「自分の子どもが同じ目にあっても同じ事が言えるのか?」

スーツ

東京五輪の開会式で作曲を担当する小山田圭吾の〝いじめ問題〟が波紋を広げている。そんな中、『EXIT』のりんたろー。が7月15日放送の『ABEMA Prime』で「人としてあるまじき行為」と断罪しつつも「じゃあ、清廉潔白な人っていますか?って思っちゃう」と発言。「そこから歩んできた27年とか40年の、この人の歩んできた道とか、後悔とか、成長とか、変化とかを全部なしにして、この行為だけをクローズアップして…。今を見ずに、過去の彼に対して石を投げるっていうのが正しいのかっていう疑問はありますね」と持論を展開した。

ネット上からは、
《自分たちに後ろ暗い所があるからの発言でしょうね。過去にとてつもなく傷つけられた人がいて、その傷つけた張本人を応援したいと思いますか?》
《自分の子どもが同じ目にあっても同じ事が言えるのか? もうちょっと考えて発言してほしい》
《りんたろー。は相方が雑誌の対談で過去の児童買春を自慢気に語ったら、でもこいつは今は反省してサイコーなんですよ!ってフォローするんだろうな》
《確かに完璧で清廉潔白な人は少ないが、他人をマットでぐるぐる巻きにするようないじめをしたことがある人間はかなり限られるよ。しかもそれを雑誌で語るって…》
《主張が幼いな。これじゃぁ飲酒運転のひき逃げ事故を咎める人に、みんな信号無視くらいしたことあるだろって言ってるみたいなものだよ》
などと、非難轟々だとまいじつが報じた。

“いじめ問題”小山田圭吾を『EXIT』が擁護!「主張が幼い」と大ブーイング - まいじつ“いじめ問題”小山田圭吾を『EXIT』が擁護!「主張が幼い」と大ブーイング - まいじつ

編集者:いまトピ編集部