2021/7/11 07:22

前代未聞の枕営業告発!「男性芸能人の実名を出す」さらなる爆弾投下を予告

パソコン

4月にモデルのマリエ(34)がぶちまけた前代未聞の「枕営業告発」。インスタライブにおいて、「18歳の頃、番組の打ち上げの席で島田紳助(65)に身体の関係を求められた」「同席した出川哲朗(57)からも『いいじゃん。紳助さんとやりなよ』と煽られた」などと暴露した。

芸能関係者は「彼女の母親である玉木真理氏は地域政党『減税とうきょう』の副代表として、7月4日投開票の東京都議選への出馬を準備していた。選挙活動が本格化するにつれ、マリエの枕営業の告発について『母親の票集めが目的だったのでは』と勘繰る声が相次ぎました」「6月25日の告示日を前に、母親が出馬取りやめを決めた。政治への情熱は変わらないものの、決死の告発を行った娘が世間から選挙の道具呼ばわりされることに、耐えられなくなったのが理由とみられています」といい、「今もマリエは周囲に『紳助さんには数え切れない余罪がある』と言い切り『知っている限り“クロの男性芸能人”の実名を出す』『徹底追及するのは私の使命』とさらなる爆弾投下を予告している」と話しているとアサ芸プラスが報じた。

マリエ 実母の出馬取りやめで“紳助の余罪”を徹底追及 | アサ芸プラスマリエ 実母の出馬取りやめで“紳助の余罪”を徹底追及 | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部