2021/6/24 23:08

昼から涙が止まらん…きょう『徹子の部屋』最期の会話にボロ泣き「まさか『徹子の部屋』でこれだけ泣く日が来るとは思わなかった」

テレビ

24日、2014年以来7年ぶりに「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演したロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが昨夏に亡くなった母の死について口を開いた。淳さんが結婚した翌年に肺がんが見つかったという母・久仁子さんとの、生前最後となった会話が明らかに。久仁子さんとハグし「あんたが息子で良かった」「俺も母ちゃんの息子で良かった」と涙を流したという。

視聴者は号泣しており、
「あつし!あんまいい話すんな!もらい泣きしちゃうじゃねーか」
「昼から涙が止まらんのだが…」
「まさか『徹子の部屋』でこれだけ泣く日が来るとは思わなかった。母に無性に会いたくなった」
「私の場合は亡き母とあまり最後は話ができなかったからな。淳さんを素敵だと思うし、羨ましくも感じる」
など、生前最後の親子の会話に反響が集まったとQuick Timezが報じた。

ロンブー田村淳、『徹子の部屋』で明かした母との最期の会話に視聴者ボロ泣き「昼から涙が止まらん」ロンブー田村淳、『徹子の部屋』で明かした母との最期の会話に視聴者ボロ泣き「昼から涙が止まらん」

編集者:いまトピ編集部