2021/6/24 14:05

ドン引き『おかえりモネ』複数の女性と不倫していた

おかえりモネAmazon

24日放送のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では、ジャズ喫茶のマスターの「トムさん」こと田中知久(塚本晋也)の元を訪れたヒロインの永浦百音(清原果耶)が、田中からかつて複数の女性と不倫していたことを打ち明けられる。
百音はこの告白に「え…ひどっ…。トムさんそれ、ひどくないですか? いっぺんにそんな何人も? 結婚してるのに」と顔をしかめて“ドン引き”し、田中は「ひ、引くな引くな。いや、わりとよくある話だったんだよ」と話し、「昭和の倫理観だよ」と訴えた。
さらに「ひどすぎます! 奥さんかわいそう。娘さんだっているのに? ひどい…」と百音が絶句すると、田中は「だから、愛想尽かされて、有り金ひっぺがされて今このザマじゃねえかよ」と自虐していたという。
妻子がいながら犯してしまった過ちを「昭和の倫理観」と発言した田中。決して当時の行動を自慢する素振りはなく、後悔の念すら感じるような発言だったが、SNS上では「苦しい言い訳」「自分を正当化する言葉にモヤモヤ」「昭和でも傷ついてる人はいっぱいいたんやぞ」などの感想が相次ぎ、「昭和の倫理観」のワードがツイッターでトレンド入りしていたと「ニュースサイトしらべぇ」が報じている。

NHK朝ドラ、不倫したトムさんの「昭和の倫理観」発言 ネットで話題に – ニュースサイトしらべぇNHK朝ドラ、不倫したトムさんの「昭和の倫理観」発言 ネットで話題に – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部