2021/6/19 11:42

あまりに小物!菅田将暉、小栗旬に挟まれ...「怖いというよりキモい」「あまりに力不足」厳しい声

SEKAI NO OWARI

6月11日に公開された映画『キャラクター』。『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseの俳優デビュー作だが、一部の映画ファンからは酷評が相次いでいるようだ。しかし菅田や小栗旬、中村獅童、高畑充希など演技力の高い俳優が脇を固めた上に、脚本の期待値が高かったせいか、鑑賞した人からは厳しいコメントがあがっている。映画ファンからは、

「予告編をみて、本物の殺人鬼を漫画のキャラクターにするというのにワクワクした。でもFukaseが思ったよりも子どもっぽいサイコパスだったなあ」
「菅田将暉、高畑充希、中村獅童などの芸達者を前にFukaseではあまりに力不足。天才的な殺人犯を演じるにはあまりに小物」

などと、Fukaseの演技力や脚本の浅さに対する意見が噴出していた、とまいじつが報じた。

映画『キャラクター』セカオワ・Fukaseの演技に「怖いというよりキモい」 - まいじつ映画『キャラクター』セカオワ・Fukaseの演技に「怖いというよりキモい」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部