2021/6/18 17:16

第9話放送、最悪…激怒する視聴者「顔面しか取り柄がない」批判殺到

ブーイング

15日、川口春奈主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)第9話が放送された。
同作の主人公は、SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーでもある真柴くるみ(川口)。
真柴はひょんなことからルームシェアを開始し、超マイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)らと暮らすことに。
第9話では、真柴がインスタに投稿したバッグのデザイナーに、盗作の疑いがある事件が発生。すると盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめ、インフルエンサーとしての活動が脅かされることになってしまう。
真柴はすっかり元気を失っていたが、ここで彼氏の藤野が真柴をキャンプデートに誘う。そして藤野は、自分に北海道で店を任せたいというスポンサーが現れたことを真柴に打ち明ける。真柴は「私も一緒に行きたい」「私さ、北海道、札幌しか行ったことないから、何かもっとゆっくりさ、温泉行ったり、ドライブしたり、スキーとかもやりたい」と発言。
すると藤野は「今、仕事がつらいからって逃げるな。ちゃんと現実と向き合った方がいいと思う」と、突然スパルタを発揮。
厳しい言葉は藤野なりの愛だっただろうが、視聴者からは批判が殺到。
《駿って自分はずっと仕事から逃げて来たのに、真柴には当たりキツイな》
《なに、自分がちょっと仕事し始めたら、説教し始めるの?》
《こういう彼氏最悪!》
など、女性たちが怒りを爆発させていたという。
視聴者から「顔面しか取り柄がない」と言われ続けている藤野。相変わらずの残念ぶりを発揮しているようだと「まいじつ」が報じている。

川口春奈のメンタル崩壊!『着飾る恋』スパルタ彼氏に女子激怒「最悪!」 - まいじつ川口春奈のメンタル崩壊!『着飾る恋』スパルタ彼氏に女子激怒「最悪!」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部