2021/6/14 13:32

ゆか、2月にがんと診断、6月2日に死去していた

病院

スキルス性胃がんの闘病の様子を記録していたユーチューバー・ゆかさんが死去したことが、11日に動画で明かされた。
ゆかさんは2020年6月、40歳の時にユーチューブチャンネルを開設。最初の動画の中で、同年2月にスキルス性胃がんと診断され、ステージはもっとも重い4bで、余命は3か月~1年だと明かしていた。
チャンネルは、小学校からの幼馴染である「えんちゃん」が運営を手伝い、動画でもインタビュアーを務める形でアップ。動画では、闘病生活についてや現在の心境などが語られ、毎回多くの応援コメントが寄せられていた。
しかし、5月25日に写真展を開催したことを報告する動画をアップ後、動画投稿が途絶えることに。そんな中、6月11日になり、2日にゆかさんが死去したことを報告する動画が「えんちゃん」によって披露された。
動画では、ゆかさんからファンに向けた最後の手紙が公開され、そこには「私みたいに手遅れにならないように毎年、怖がらずに検査してください」「保険も入っていて良かったので、入ってない方は強制とかではないけど入った方がいいです」とつづられていた。また、最後には「みんなが幸せになる事を祈っています」と記されていたという。
この動画のコメント欄には、生前からゆかさんを応援していたファンから、「涙が止まらないです…」「ゆかちゃんに、生きる勇気をもらいました」「生きることの大切さを沢山の人に教えてくれてありがとう」といった声が集まっていたと「リアルライブ」が報じている。

胃がん闘病記録公表のユーチューバー、友人が死去報告 応援していたファンから悲しみの声 | リアルライブ胃がん闘病記録公表のユーチューバー、友人が死去報告 応援していたファンから悲しみの声 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部