2021/6/10 19:38

出産発表、赤ちゃんの名前が「あまりにも失礼!」猛批判「お祝い気分を台無しにしてる」

赤ちゃん

米国時間4日午前11時40分、ヘンリー王子とメーガン妃に第2子となる長女が誕生。6日に行われた出産発表で明らかになった「リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザー」という赤ちゃん名前に、英王室関係者の間から猛批判の声が出ているという。

英王室に詳しいジャーナリストは「『リリベット』という愛称は故フィリップ王配がエリザベス女王を呼ぶ際に用いていた、ごくプライベートなニックネームで、つまり、夫と妻だけの大切な呼び方だったというんです。息子のチャールズ皇太子さえ、使わなかったその愛称を、フィリップ王配が亡くなられて間もない時期に、しかも子供に命名するなとは、女王陛下に対して失礼極まりない、と。その発言が英メディアで配信され、大きな波乱を呼ぶことになったというわけです」と話している。

SNS上には《赤ちゃんが生まれたという素敵なニュースなのに、親が自らお祝い気分を台無しにしてるような。リリベットちゃん、これから苦労するのかな》《唯一女王を「リリベット」と呼んでいたフィリップ王配の訃報や女王と王配の親しい間柄に土足で踏み込むような事、よくできたもんだね》《そもそも王室が嫌で離脱して行ったのだから、今更王室に関係のある名前付ける必要あります?》といった手厳しい声が続々と寄せられているとアサ芸ビズが報じた。

ヘンリー王子の第2子の名前「リリベット」に「あまりにも失礼!」批判の理由  |  Asagei Biz-アサ芸ビズヘンリー王子の第2子の名前「リリベット」に「あまりにも失礼!」批判の理由 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部