2021/6/7 13:06

慌てながら前言撤回…『羽鳥慎一モーニングショー』失言に固まり、ア然「久しぶりに玉川徹を尊敬した」

玉川徹Amazon

7日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』の中で、コメンテーターの玉川徹氏が、コロナ対応を巡る政府、さらには分科会を批判した。 
先週、分科会の尾身茂会長が、五輪の開催リスクについて「一生懸命、自粛しているところに、お祭りという雰囲気が出た瞬間をテレビで見て、人々がどう思うか」「お祭りムードの中で人流・接触が増えて飲み会をすると感染が増える。そういうことがあれば重症者が増える」とコメント。
だが、この発言を田村憲久厚生労働大臣はスルーし、丸川珠代五輪担当大臣も「(尾身会長による言葉は)全く別の地平から見てきた言葉」と苦言を呈していた。
玉川氏は田村大臣に対し「田村さんも権力の中では駄目だったな」と肩を落とし、丸川大臣にも「丸川さんは『そこと違う別の地平』って、どこの地平かなと。もしかして、おとぎの国の地平かな、なんて感じますけどね」と強烈な皮肉。
一方で、英雄視されつつある分科会にもクギを刺していたが、これに玉川氏の天敵とされる弁護士・山口真由氏は「私は今日、久しぶりに玉川さんを尊敬しました」とポロリ。だが直後、彼女は「違う違う、違う、違う、間違ちゃった、いつもいつも。口が滑っちゃった」と耳に付けていたイヤホンを落とし、慌てながら前言撤回していたという。
玉川氏はこの失言に固まり、ア然としてたが、「玉川さんが今日、尾身さんに対して批判的な立場を貫いたので、この人は偉いなと私は思いました」と話していたと「リアルライブ」が報じている。

玉川氏、丸川大臣の発言に「おとぎの国かな」 “天敵”弁護士も「久しぶりに尊敬した」と称賛 | リアルライブ玉川氏、丸川大臣の発言に「おとぎの国かな」 “天敵”弁護士も「久しぶりに尊敬した」と称賛 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部