2021/5/15 18:52

『特捜9』降板か、第6話「登場シーン」がまったくなかった

津田寛治

V6の井ノ原快彦が主演を務めるテレビ朝日の刑事ドラマ「特捜9 season4」の第6話が12日に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)は13.2%を記録した。「元は17年3月に亡くなった渡瀬恒彦さんが主演の『警視庁捜査一課9係』シリーズだったが、渡瀬さんの死去にともない井ノ原が後継し改題した。刑事役の羽田美智子、津田寛治らが渡瀬さんの遺志を継いで一致団結。チームワークは抜群で、『9係』からのファンが離れないのが高視聴率の要因」と芸能記者。ところが、そんな同ドラマに“異変”が起こってしまった。第3話では、津田寛治が演じる刑事の村瀬が何者かに刺され、一命をとりとめたもの重傷で入院し、現場復帰できず。第4話以降は村瀬抜きで物語が進み、第6話では村瀬の登場シーンはまったくなかったのだ。シーズン3の時点で辞めたいと言っていた津田を引き留めたプロデューサーも外されてしまい、もはや津田の降板は既定路線だというとリアルライブは報じた。

津田寛治の降板では終わらない? 人気ドラマシリーズで明るみに出てしまった“異変” | リアルライブ津田寛治の降板では終わらない? 人気ドラマシリーズで明るみに出てしまった“異変” | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(津田寛治|男性|1965/08/27生まれ|AB型|福井県出身)