2021/5/12 19:41

コブクロ、黒田俊介「好きやで」「ぎゅーしたい」「匂いかぎたい」LINEやり取り400通

黒田俊介

人気デュオ・コブクロの黒田俊介が、12日発売の『週刊文春』で、不倫相手だった女性が自殺未遂したと報じられた。文春によると、妻子持ちの黒田から《好きやで》《ぎゅーしたい》《匂いかぎたい》などといったラブラブなLINEのやり取りが日に400通もあったそうだが、次第にケンカが増え、昨年4月ごろからは会う回数が減ったとされる。うつ病の診断を受けていた女性は、今年4月13日に自殺未遂を起こしたという。これを受け、同21日には、黒田の弁護士から女性の母親に対し、見舞金として300万円程度を支払う、という提案がなされていたというのだ。文春からの取材を受けた黒田は、東京地裁に対して『週刊文春』の出版差し止め請求をしたものの、あっさり却下された。さらに、週刊誌の発売前日の11日に『文春オンライン』が速報を打ったところ、ようやく公式サイトで謝罪文を発表。往生際の悪さが目立ち、逆に傷口を広げる結果になったと、週刊実話WEBが報じた。

コブクロ・黒田 “不倫デュオ”の烙印で大阪万博のテーマソングも白紙かコブクロ・黒田 “不倫デュオ”の烙印で大阪万博のテーマソングも白紙か

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(黒田俊介|男性|1977/03/18生まれ|O型|大阪府出身)