2021/5/11 17:41

新垣結衣、NHK大河ドラマ出演で不安視されている『悪癖』

新垣結衣

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する女優・新垣結衣。
現在、『恋人にしたい女性有名人ランキング』(オリコン)で4年連続トップに輝いている新垣は、10代前半からローティーン向けファッション誌のモデルとしてキャリアをスタート。高校生で女優デビューを果たしている。
そんな彼女の〝スキャンダル処女〟を奪ったと言われているのが錦戸亮だといい、芸能ライターは
「11年のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)で共演し、最終回の2人の結婚式シーンでは、錦戸が必要以上に長〜いキスを仕掛けて話題になりました」
と話す。
その後は、大ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演した星野源との仲も取り沙汰されているが、前出のライターは
「大河収録中はスキャンダル厳禁ですからね。新垣は共演者と噂になる〝悪癖〟がありますが、逆にそこだけ守っていれば『紅白』の司会もゲットできるかもしれません」
とも話していると「週刊実話」が報じている。

新垣結衣スキャンダル厳禁のNHK大河ドラマで不安視される“悪癖”新垣結衣スキャンダル厳禁のNHK大河ドラマで不安視される“悪癖”

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(新垣結衣|女性|1988/06/11生まれ|A型|沖縄県出身)